【1週目計画立て】文系が基本情報技術者試験(FE)合格するまで

どうも、文系野郎とでぃ(@DANBLOG14)です。

今回、4月に基本情報技術者試験(FE)を受けるにあたりまして合格までの記録を記したいと思います。

日記調に書いていくので、リアルな資格勉強中の声をお届けします。

それに僕も勉強に強制力ないとやらないんで(笑)

やれと言われないとやらない子なんですよ。笑

って事で、4月の試験に向けて週一間隔で進捗状況を更新します。

また、もし4月受からなければ受かるまで続きます。笑

 

これを見てるあなたもこれから受ける、またはもうすでに勉強中って方が多いと思います。

一緒に頑張りましょう!

12/9から勉強開始しました。

今週1週間(12/9(日)〜12/15(土))の進捗状況報告です。

試験の詳細調べる

そもそもFEについて。

FEとは

基本情報技術者試験(FE)ーFundamental Information Technology Engineer Examinationー

一言でいうと『ITエンジニアの登竜門』となる試験です。

ここからは公式サイトからの通り。

対象者像:高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者

業務と役割:基本戦略立案又はITソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し、上位者の指導の下に、次のいずれかの役割を果たす。
(1)需要者が直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略立案に参加する。

(2)システムの設計・開発、又は汎用製品の最適組合せによって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また、その安定的な運用サービスの実現に貢献する。

※引用元:IPA Webサイト

うむ。すでに場違い感すごい。

僕、Progate(プログラミング学習サービス)しかしたことないですからね。

まとめるとプロのエンジニアの指導下で設計、開発、運用が出来る者が受ける試験みたいな書き方ですね。

まぁ、なんとかなる。頑張るぜ。

試験内容

試験時間・出題形式・出題数(解答数)については以下の通りです。

合格ライン

合格基準は午前・午後ともに60点以上を得点することです。

合格率は以下の通り。

これは高いのか低いのかで言えば、「高くはない」でしょう。

 

合格までの計画立て

本当に簡単にだけ計画立てしました。

どうせズレるんで(笑)

大枠だけ決めて、あとはその度修正。

まぁ2月時点で過去問回せる段階までいけばそれなりに闘えると踏んでます。

↑雑すぎ(笑)

勉強開始

とりあえず分かりやすそうで挫折しなさそうな参考書を購入。

計画立ての通り、ひとまずコチラの参考書を通してやることにしました。

↑画像をクリックするとAmazon商品ページへ飛べます。

1週目(12/9〜12/15)は、全11章構成のうち2章を完走。

 

【勉強した科目】

第1章ハードウェア

  • ハードウェア
  • CPU
  • CPUの高速化技術
  • 主記憶とキャッシュメモリ
  • 補助記憶
  • 入出力装置
  • 入出力インタフェース

 

第2章ソフトウェア

  • ソフトウェアとOS
  • タスク管理
  • 記憶管理
  • ファイル管理

 

【所感】

まだ初めて1週間なので、これからって感じ。ただ、ペースとしては悪くはない?

全11章のうち2章を一先ず完走。

何をしたらいいかも分からないので、SNSで同じようにFE勉強してる人探そう。(笑)

とりあえず、1章、2章は暗記系だけだったのでなんとかなるかな。

今年中(2018年)にはこの参考書一周出来るよう頑張るぞオレ!

 

まとめ

今回FEを受ける目的は、エンジニアへの転身につながるからです。

最終的には、『個人で稼げるスキルをもつ』ためです。

ただまぁエンジニアに転身するだけで考えれば、別にFE取らなくても今未経験採用が盛んなのでいらないですが。笑

僕の周りにもFE資格なんてなくても転職してる人いっぱいいます。

エンジニアって必須資格ないんで、バリバリ実務やってて資格持ってない人もいます。

僕も半分ノリで受けようと思いましたし。(笑)

ってコトで4月の試験に向けて頑張りますよ。

自分もFE合格に向けて勉強してますって方や、これから受けたいと思ってますって方ぜひ一緒に頑張りましょう!

質問、ご相談などご連絡はTwitterだとすぐご連絡しやすいです。

それではまた。