あなただけの服を着る。「ZOZO SUIT」

あなたもご存知、ZOZOTOWN。

ZOZOTOWNはファッション専門ECサイトです。そして、ZOZOから新しいファッションツール生まれました。それがZOZOSUIT。一言でご説明すると『服が人に合わせる』を可能にするためのアイテム。ZOZOSUITによって服選びの際にサイズに悩む事が無くなりますし、いちいち試着しなくてもいい。

ファッションに関心が薄い僕も興味津々です。これからは服が一人一人にぴったりに合わせてくれる時代になりますね。今回は注文から約半年の月日が経ち、ようやく僕の手元にも届きましたのでレビュー。

ZOZOSUITとは

ZOZOSUITは、ZOZOTOWN内でお買い物をする際にいちいちサイズを確かめる必要がないという超絶優れもの。自動的に自分にあった自分サイズが分かるため、ブランド毎でのサイズ感のちがいにも悩まなくて済む。

出典:ZOZO

もっと驚くのはこのZOZOSUITを無料配布したこと。送料の200円はかかるもののこれでサイズ問題から解放されると考えるとそりゃみんな頼みますよね。ご存知の方は多いと思うがこのZOZOSUITは2代目で実は初代ZOZOSUITがある。

初代ZOZOSUIT 出典:ZOZO

初代ZOZOSUITはセンサー方式。見た目も凄い未来感溢れる感じ。着るだけでセンサーが自動計測してくれます。

2代目ZOZOSUIT 出典:ZOZO

2代目ZOZOSUITはドットマーカー方式を採用。仕様変更に合わせて見た目も大幅に変更。モーションキャプチャのようなイメージでスーツ全体に施されたドットマーカーをスマートフォンのカメラで360度撮影して計測。

初代はセンサーによる生産に高コストがかかったり、洗濯不可など問題があった事。注文が殺到するが生産追いつかずといった事もあり、配達に遅延が続いていました。そして、2代目はセンサーを必要としないので低コストで量産出来るようになり、生産を早めることに成功。正直初代の方が欲しかったのですが、しっかりと無料配布をやり通したのは流石の一言。

ZOZOSUITレビュー

こちらが実際の商品。さて開封。

しっかりと遅延の謝罪文がございました。

  1. 本体上
  2. 本体下
  3. 計測時スマホを立てかける為のスタンド

3つが入ってました。実際に着てみると…うん。

鬼のなで肩がはっきりバレましたね。(笑)着心地はまぁ全身タイツの気分。めちゃめちゃ悪いということもないがそれなりに変な感じはします。一人暮らしなんで平気ですが、実家暮らしの方は家族でも見られると恥ずかしいだろうと思います。(笑)計測はZOZOのアプリを使用して撮影していきます。こんな感じで360度撮影。撮影中はやはり羞恥心凄い。

時計回りに何度か撮影し、撮影終了。そして、そのあとすぐに計測結果が。

これは凄い!めちゃめちゃ細かく計測されてます。この計測データからお買い物をするときに自動的に最適なサイズを選択してくれます。ZOZOSUITで体型計測すると注文出来る、オリジナルのブランド“ZOZO”の服はパターンオーダーというあなたサイズの服を手に入れることが出来ます。それぞれのパーツで自分の体型に最も最適なパターンを割り出して作ってくれます。

サイズに迷わないファッションブランド。「ZOZO」レビュー

9月 11, 2018

これが僕は洋服に普段関心がない人の救世主になると思うんです。服を決めるのが苦手な人やセンスがないと感じる人、僕みたいなそもそも洋服選びに時間を取られたくない人。でも、イコール(=)お洒落に気を使わない人ではないわけです。むしろ、お洒落になりたいが自信を持てない人の方が多いと思います。そういった人たちが「とりあえずこれを着ておけば、自分ぴったりのお洒落が出来る」ようになるアイテムがこのZOZOのブランドは築いてくれました。まさしく救世主!

ファッションが好きな人よりもファッションに関心が薄い人に需要があるアイテムではないでしょうか。今度、ジーンズ注文してみよう。

“モノ”ではなく、”サービス”を売る。

ZOZOは無料配布で利益以上の価値を得ました。全世界・全人類の体型データです。実際のところ全人類とはいかないまでも、限りなく網羅に近いほどの体型データは集まったのではないでしょうか。情報はそれほど価値があるものです。そして、さらにはZOZOSUITを注文した人は、そのままダイレクトにZOZOユーザーになり得ます。面白半分でZOZOSUITを注文した人々が試しにZOZOTOWNでお買い物をするわけです。

話がズレてしまいますが、実はAmazon(アマゾン)も似たようなビジネスモデルを展開しています。アマゾンエコーというスマートスピーカーやKindle(キンドル)という電子書籍。どちらも破格の値段で提供しています。プライム会員になれば、更に目玉飛び出るくらい安い。でも、購入したユーザーは声で注文できる便利なアマゾンエコーを使って、さらに別の商品を注文します。Kindleを読書のお供にするべく、多くのKindle版書籍を購入します。つまりは、ハードウェアで利益を出すのではなく、その後のサービス利用で利益を出す。後は、極限までユーザーファーストを貫けば多くの新規ユーザーがそのサービスを愛するリピーターとなっていく。うん素晴らしい。生産側も何回も注文してくれるリピーターがつき、消費側もとことんまで消費者想いの良質なサービスを受けられる。

WINWINってやつだな!サイコー!ZOZOは今後、膨大に収集した体型データを糧に、それぞれの国が人種が人々が抱えるファッションの悩みに寄り添い、解決していくでしょう。やがてファッション特化版のAmazonになり得る可能性も感じます。

ではまた。じゃーの。