【アメリカ横断 byアムトラック鉄道】シアトル・タコマ空港に泊まってみた。Day11

どうもだんブログです。

ただいま、絶賛列車に揺られております。ええ

そして、バスケット選手か!ってくらい背の高い(190cmはあるゼッタイ。)黒人が隣に座っています。

まぁ、座席は広いので問題はないんですけどね!

なんか、ねぇ。日本では味わえない空気感。笑

シアトル到着は夜かぁ。しばらく本でも読んでよ。

ってな感じで、今日は内容薄めですがご了承くださいませ。笑

南無阿弥陀仏

列車に揺られること約半日。

なんか知らんが、隣の長身黒人バスケットマンと仲良くなった笑

キッカケは、読んでた本。

英語の勉強に持って来た本を読んでたら、

「スタディ イングリッシュ?」と声をかけられた。

巨体に自然とビビるわい。

『いいいい、YES。。。』

な、なんや?汗

急に声かけやがって・・・汗汗汗

長身黒人バスケットマンが一言。

「ナイス。」

え??ナイスって言った?

なんや良いやつやんけ!!!!笑

そっからしばらく話せる限り話してたら仲良くなりました。笑

そして、なんか南無阿弥陀仏って書かれた栞(しおり)もらった。

意味わかってんかな??爆笑

かくかくしかじか、良い列車旅でした。

アントニーとアクシデントに嘆く。

イェえええええい!!!!

着いたぞぉおおお!!!!!!

シアトル!!!

ココがあのメジャーリーガー イチローも居たところか!

自然と興奮。

ただ、問題発生。

ん。水筒がねぇ!!!!

NYで10$で買った水筒。(↓ナイアガラで凍ってたこれ)

たかが水筒だが、されど水筒。

貧乏旅の僕にとって死活問題でした。

急いで、駅員さんに伝え、列車内に戻るわい。

よかった。シアトルが最終駅で。

しかし、…ない。

チクショォオオオオオオオオオ!!!!!!泣(大げさ)

落ち込んで、列車から出るわい。

ん?もう一人まだホームにいる。

「What the F○ck!!!!!!!!」

あぁ。同胞か。爆笑

そして、その人と目があった。

話しかけられた。

「電話貸してくれませんか??荷物全部取られた。。。。」

まじで???

そら叫ぶわ。なんか水筒ごときで落ち込んでた自分がバカバカしくなりました。笑

待合室にもどり、電話を貸して、なんとか家族とは連絡取れたみたい。。。

「THANK YOU.」

『ユアウェルカム。』

あ。そうだ。

『アーユーハングリー???』

「アーハン。」

ごそごそ・・・

『アイルギブユーディス。』

バナナをあげました。

なんかわからんが、めちゃめちゃ喜んでくれた。

「センキュ!センキュガーーーイ!!」

お、おう。よかった笑

それからしばらく、旅してることを片言で話しました。

彼はアントニーというらしい。

アントニー。

幸運を祈る。グッドラック。

今夜はシアトル・タコマ空港だす!!

アントニーとバイバイし、

さぁて。今日はどこで寝ようか。

ってか既に深夜1時。

まずい。

しかし、もう既に宿は決めていた。

ただで暖かくて、横になれるところ。

空港である。

学習したぞハハハハハ!

問題は、今から空港までの電車がまだあるかということ。

…うん。ヨユーであった。笑

って事で、

Link light rail(リンクライトレール)と呼ばれる無人電車に乗って空港へ

確か3$くらいだった。

着いた。

が。

む。。。ここの空港は全部椅子に肘掛けあるから横になれない、、、

Wi-Fiもいまいちだなぁ。まぁしゃーないか

そして、水筒無くしたツケがココで早くも出る。

水買おう思ったら2.5$だぁと!?!?

たかすぎやしないか!!!!

でも、せっかく寝れそうな場所取ったのに、動くのも嫌だ・・・。

結局、ただの水に2.5$も使いました。。。

今日は、床に寝袋敷いて雑魚寝です。笑

まぁでも旅はアクシデントがあるから面白い。

うん。明日も楽しむぞい

明日はシアトル観光。じゃーの

211 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です